So-net無料ブログ作成
検索選択

D・MoyesとA・Mcleishの両監督からみえること [海外サッカー]

 今期のプレミアでビッグ4を除いて健闘している中位のチームがある。David moyes
率いるエバートンとAlex Mcleish
率いるバーミンガムシティFCだ。現在7位と8位につけており、ともにヨーロッパリーグを狙える位置にある。特にバーミンガムは今年、下位リーグから昇格したばかり。
二人には共通点がある。
モイーズ(1963年生まれ)とマクリーシュ(1959年生まれ)はともにスコットランド人。
ビッグネームはいないが、パスをつなぐ組織的戦い方でここまでよい位置をキープしてきた。
監督の采配が賞賛されている。

2010年3月13日(土)この両チームがバーミンガムのホームSt.Andrews Groundで激突する試合を観てきた。


試合は、前半、ホームのバーミンガムがまるで寝ているよかのように、リズムが悪く、前半20分過ぎまでにエバートンに2点を先行される。DFからのフィードがFWの動きと合わずに、せっかくマイボールにしてもすぐ敵方に渡してしまって攻められる悪循環。次期イングランド代表GKの呼び声高いジョー・ハートが2回、3回とセーブのために泳ぐ。
しかし、それもつかの間、サイドを突破されて押し込まれて連続失点。

後半は、監督の指示があったのか、FW2人ジェロームとベニテスがサイドに開くのではなく、中央よりに位置し、後方からのボールを引き出しやすくした。これで、楔のパスが入るようになり、ボランチのB・ファーガソンとボーヤーの動きにさえがみえ、配球がうまくゆくようになった。
 そして、後半26分、後方からのボールをジェロームがたくみにコースを変えて1点目のゴール。
怒涛の攻めを見せるバーミンガムは、52分ゴールキックを持ち込んだガードナーが左足でequalizerをゲット。
試合は、このまま痛み分け。

バーミンガムについては、29試合でここまでの総得点が30、これは20チーム中下から5番目。得失点差はマイナス1となっている。このことからもわかるように、堅守をベースに1-0で勝つ試合を得意としてきた。
その中心は、マンCからのレンタルであるがGKジョー・ハートとDFおよびボランチのファーガソンだろう。
もうひとつの特徴は、試合によってメンバーをあまり変えないということ。
選手層が厚くないとはいえ、マイボールをつないでゴールまでという戦術も浸透しやすくなる。
マクリーシュは2007年に就任したのだが、直前はスコットランド代表監督。W杯予選で最終戦のイタリアにホームで敗れて久々の出場を逃しているが、その躍進は当時サッカー通の間で語り草になった。
2009年12月にはプレミアの月間優秀監督に選出されている。

エバートンは、バーミンガムよりも名の知れた選手が多い。日本にとって憎き豪州のケーヒルは中心選手だし、マンUのネビルの兄弟であるフィル・ネビル、フランスのサハ、スペインのアルテタ等国際色豊かなチームだ。
今回の試合は、10番をつけたアルテタがまるで80年代のトップ下よろしくボールを集めて攻撃を一身に率いていた。得点力は、プレミアで上から6位、失点は10位とどちらかといえば攻撃力が売りのチームだ。
攻撃も、短いパスやドリブルよりも、ミドルパスを左右のウイングに散らしてゴール前に運ぶ戦術を好んで使う。
ただし、このチームはイエローカードが25枚とリーグ最小を誇り、規律を重んじる監督の性格がでている。
モイーズは、2002年に就任し、プレミアの年間最優秀監督にも選出され、一時はマンUのファーガソン監督勇退の後釜として新聞をにぎわした。

ビッグ4のクラブのように、多額の移籍金と給料でビッグネームを呼ばなくとも、監督の戦術・采配で世界最高のリーグの中位に入れることは実に興味深い。


日本のサッカー紙・誌では、ファーガソンやベニテスの動向などは知れるが、こうしたチーム作りと戦術に長けた隠れた名監督のインタビューなどみたことがない。こういう監督の話を聞くことで、日本代表の監督選びの参考になるのではないかな?
にほんブログ村 サッカーブログ
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

ブログランキング

はじめまして、
ブログランキング「ブログん家」の管理者です。
ランキングへ参加してみませんか?
http://www.blog-server.net/
よろしくお願いします。

by ブログランキング (2010-04-11 19:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。