So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒルズボロの悲劇を忘れるな~老朽化するプレミアリーグのスタジアム [海外サッカー]

2011年3月31日付けの記事を見て我が目を疑った。

つい先日、リバプールの本拠地Anfieldで、ヒルズボロの犠牲者を悼んで建てられたmemorialを見てきたばかりだったからだ。


この事件は、1989年にリバプール対ノッティンガム・フォレストのFAカップ戦が、中立地であるシェフィールドユナイテッドのホームであるヒルズボロで開催された際に、立ち見席のキャパ以上に観客が押し寄せ、多くのサポがたったまま圧死したものだった。
もともと、立ち見席はフーリガンのたまり場ともなっていたため、その対策のためにも立ち見席は廃止され、シーズンチケット保有者優先の現在の入場システムが出来上がった。

だが、この問題は立ち見席の有無だけではないというところだ。
私は、ここ2,3年でプレミアリーグ20チームのうち、7チームのスタジアムを実際に体験してきた。
そして、2,3の例外を除いて、どこも老朽化が激しいということに気付いた。
以下のリストを観て頂きたい。もちろん、改修は行われてるだろうが、当初の建設日から100年たっているものもある。
マンU     Old Trafford    1949年建設
リバプール  Anfield       1884年

バーミンガム St.Andrews    1906年
チェルシー  Stamfordbridge  1876年

スパーズ   White Hart Lane 1899年

アーセナル  Emirates     2006年

Wembley               2009年


スタジアムの屋根を支える支柱が、バックスタンドに数本あるスタジアムも多い。
退場の際に、多くの観客を短い時間で外にだせない構造的欠陥のあるスタジアムもある。
木製の椅子、狭く、数の少ない出入り口。人が通るには狭い通路。
Wembleyのスタジアムツアーの参加した際に、ガイドは10分で9万人の観客を外に出せると自慢していたが、これが標準であってほしい。

アメリカのNFLのスタジアムもほとんど、同じ基準で造られていて、特に出口への階段をなくして、螺旋状スロープで下まで降りてゆける構造になっていた。

FAは、2018年にW杯を招致して、その際にスタジアムの一斉改修を考えていたのかもしれないが、W杯は当分UKには来ない。

ロンドン五輪のメイン競技場をスパーズとWest Hamが奪い合ったのにも、この辺の事情が絡むとみるべきだろう。
そして、高騰する選手の年棒や移籍金のためにスタジアム改修費すらままならなにのは、リバプールやマンUを観ればわかる。特にレッズの前オーナーなどは、スタンレーパークに7万人収容の新スタジアムを作るとぶちあげたが、つるはし一本つけずにその座を追われた。

日本と違って地震の恐れはないが、失火・暴動は起きてもおかしくない。ましてや、立ち見席に失業中の若者が酒を持ち込んで喚きだしたらどうなるだろう。

狭くて、少ない出口に数万人の観客が一時に殺到したら、力のない子供、ご婦人たちが下敷きになり、多数の死傷者がでるのは明白だ。

もう一度考えるべきだ、なぜYNWAがAnfieldで歌われ続けるようになったのかを。
ヒルズボロの悲劇の教訓を忘れてはならない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。