So-net無料ブログ作成

トップを狙え!~EURO2012 に見る新戦術 [海外サッカー]

 スペイン4-イタリア0、EURO決勝史上最大の点差をつけてスペインの連覇に終わった今大会。
はでな撃ち合いよりも慎重な戦い方を選ぶチームが多かった大会だったが、戦術的な話題としてはFWの枚数の話に行き着く。
ここ数年の欧州サッカー界の流行は、屈強なワントップにボールを預けて得点を狙う形だった。しかし、スペインの零トップを採用し、イタリアが2トップに王政復古したことで、改めてトップの枚数に注目が集まった。


スペインは、ビジャの負傷による不参加、トーレスの不調によるお家の事情によるものだったとはいえ、零トップを実にうまく使いこなした。
零トップの前提には、2列目から飛び出せるMFがいること、大外からのクロスではなく、PA深くまで切り込めるドリブルの名手がいることがある。
スペインにはそのどれもが当てはまった。
決勝の1点目などはその典型だろう。
セすくがイタリアDFの裏に飛び出し、イニエスタがそこにスルーパス。パスを受けた後、斜めにゴールライン際までドリブルで切れ込み、マイナスのクロス。ダ・シルバがニアに走りこんでヘッドでゴール。至近距離からの強烈なシュートに、さすがのブッフォンもどうしようもなかった。

対するイタリアは、バロッテリ、カッサーノの2トップ。
技巧派のカッサーノが左右に流れてチャンスメーク、フィジカルの強いバロッテリが決める形が見事にはまり、決勝まで進んできた。
また、この2トップは常にDFの裏を狙う動きをするから、相手もサイドバックがうちに絞って3対2で対応せざるを得ないため、マークの受け渡しに混乱をきたしていた。
2トップへの配球もトップ下のキエリーボに加えて、ボランチのピルロやDFとして起用されたデ・ロッシが加担することで相手チームに的を絞らせなかった。
また、今大会のイタリアは守備専心のカテナチオ時代と違い、DFラインは高く、全体をコンパクトな布陣にして、FW2枚を孤立させないようにした。
決勝ではフィジカルコンディションの悪さも手伝って大敗したが、Gリーグでは同じスペイン相手に3-5-2のシステムで挑み、1-1の結果につなげた。

近年の欧州サッカーはどうしたらスペインのポセッションサッカーを打ち破れるかをテーマにしてきた。
ひとつの回答としては、モウリーニョやディ・マッティオの採ったアンチフットボール方式。
全体にラインを下げ、サイドは捨てて中央を固めて守り、カウンターかセットプレーで仕留めるやり方だ。
今大会では、スペイン相手に同じ戦術をとる国はなかったから、2トップのイタリアに新しい可能性を期待したのだが・・・

アンチフットボール方式以外の対スペイン戦術は今後も課題として残ったが、注目すべきポイントは絞られた。
それこそが、「トップを狙え!」だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。