So-net無料ブログ作成
検索選択

なでしこの未来はどっちだ [日本代表]

アメリカとの死闘の結果、銀メダルを獲得したなでしこジャパン
試合自体は、互いに肩の力が抜けたせいか、オープンな打ち合いになったし、見応えもあった。
だが、結果は1点差の敗戦。
一部メディアでは「この試合に敗者はいない」と報じられたが、何が足りなかったのか。

アメリカの1点目を思い出してほしい。ボールがゴールから遠ざかって、止めても後ろにパスするしかないと思われた瞬間。モーガンは腰をグイッとひねって、何と180度以上の角度を逆にゴール前にクロスを入れた。
これを2列目からあがってきたロイドがヘッドでゴール。このシーンだ。
男子でも、ゴールライン際であの角度からゴール前にクロスを上げられる選手が何人いるか。

そして、2点目もロイド。日本陣内でドリブルを仕掛け、アタックに来ない日本選手をしり目にゴール前25mくらいからズドンと逆サイドのサイドネットに強烈なシュート。ほとんど、膝から下の振りだけでのシュートに、フィジカルの強さを感じた。

誰しもが気付いたことだが、個のアメリカに組織で対抗した日本。1対1では歯が立たないから、局面で2対1にして自由にさせない戦術だったが、ここまでフィジカルが強いと、それも限界があるのではと思われた。

対策の一つ目は個々のフィジカルの強化だ。

そのためには、これからの女子サッカーには、他のスポーツ分野からのセレクションで選手を選ぶことも必要になるのではないか。
たとえば、身長187cmのバレーの木村沙織がFWにいたらどうか。
あるいは、100m11秒台の福島選手がDFにいたらどうか。
テコンドーの日本代表にミドルシュートを教えたらどうか。
せっかく、ナショナルトレセン制度を作ったのだから、全国から選りすぐりのアスリートをサッカー選手に育成すればよい。

2つ目は、さらなる組織プレーの成熟だ。
敵チームもなでしこを研究していて、澤と阪口のところにプレスをかけて前を向かせないようにして、サイドの鮫島のところに追い込まれてボール奪取されていた。
逆に、それがフランス戦のセットプレーでの勝負、ブラジル戦のカウンター戦法につながったのであるが。

どちらの試合も、DFからの組み立てでMFにボールを預けた後、預けた選手が1mでの2mでも動いてサポートできれば、敵のプレスは破れたはず。このパスを出す、ポジションをずらす、またパスを受けるを繰り返せば、そこにはまさしくバルセロナのサッカーが展開されることになる。
米国戦後半、川澄を左サイドバックに下げて変則3バックをとていたが、近賀が川澄に短いパスを渡して、そのままの位置にいたため、敵の選手と重なり、川澄はパスの出しどころを失い、あやうくボールを奪われそうになっていた。こうした点が改善されて、ボールを保持して敵ゴールに迫れることになる。
ここまで高見に登るのかどうかだ。

なでしこの主力も30歳を迎えるにあたり、大幅な若返りと戦術の見直し、フィジカル強化なくしては、今回の銀メダルは記憶のかなたに消えてしまうだろう。

次期監督の問題と併せて、なでしこの未来はどっちなのだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。