So-net無料ブログ作成
検索選択

日本代表の弱点~W杯最終予選 イラク戦 [日本代表]

スタンドの最上部からイラクの布陣を見ていて、なるほどな、ジーコにしては珍しく考えたなと思った。
ブラジルW杯最終予選の日本代表対イラクの試合だ。敵将は、かつての代表監督のジーコだ。

イラクの布陣は4-2-4に見えた。両ワイドは極端に外に張り出しているのは、日本の長友と駒野の上りを牽制するためだろう。そして、中央のFW2人は、攻めよりもむしろ、遠藤・長谷部の両ボランチに前を向かせてパスを出させないことを役目にしているようだった。

G予選のウズベキスタンもそうだったし、なでしこの場合も同じだった。中盤からパスを回させれば、今のアジアでは抑えられるチームはいない。だから、その源を断ち、かつ高い位置でボールを奪ってショートカウンターで日本ゴールに迫まれる。一石二鳥の戦術だ。

余談ながら、ドイツW杯のときに、ここまでの戦術を披露してくれていれば、オーストラリアに無残な敗北を喫することもなかったろうに。

しかし、試合は1-0で日本の勝利。
その要因は、ボランチからゲームをつくるのではなく、この日切れ切れの状態だった両サイドの長友、駒野が起点になったことだった。
ここでボールを落ち着かせて、岡崎や清武が絡んで相手を崩してゆく。
これがハマった。

今後の中東での予選でも必ずや、敵チームは同じ狙いでくるであろう。
今日と同じようにサイドで起点が作れればよいが、そうでなければ・・・

案外、日本代表の最大のストロングポイントが最大の弱点になるのかもしれない。。。
高齢者の域に入った遠藤と、ドイツで試合に出ていない長谷部のコンディションはあがらない。
こえまでにも家長、阿部勇、橋本、細貝・・・後継者は、何人も試されたが合格者はでていない。


さて、どうするザック。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。