So-net無料ブログ作成

Zac! Magic!Terrific!~2010アジアカップ決勝 [日本代表]

 今大会のThe most beatiful goalになるであろう李の左足ボレーがオーストラリアゴールに吸い込まれ、日本代表の4回目の優勝が決まったアジアカップ。

 それにしても、ザッケローニ監督の采配と人心掌握術の見事なこと。

後半半ばまで、敵のロングボールとケーヒル、キーウエル2人の突破力に押し込まれた日本。
選手の足も止まりだしていた。
こうした段階での選手交代は、従来の監督も解説者も、「前のほうの選手を入れ替えてチェーシングをさせて」が定石。
だが、Zacのとった戦法は、DFのセンターに岩政を投入し、吉田と二人を組ませるというもの。
そして、左SBの長友をひとつ前のウイングバックにあげた。
結果、守備では制空権を奪回、攻撃では長友のスプリント力に、へろへろの豪州DFは付いてゆけず、李の決勝点を呼び込んだ。

李は、1戦目も後半に前田の代わりに起用されたが、緊張感からか、本来の仕事が全くできていなかった。
以前の監督たちなら、ここで彼のアジアカップは終わっていただろう。
だが、Zacは違った。
再度、チャンスを与えた。

試合終了のホイッスルとともに、李が真っ先にZacに飛びつき、次々とほかの選手も。
1回目の起用で期待にこたえられなくても、控えでも、信用というきずなで監督と選手が結ばれていたことを示すシーンだ。

サッカーの神様は、意外と身近にいるものだとわかった。
お見事、ザック!
Zac is magic.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。