So-net無料ブログ作成
検索選択

祝!バロンドール受賞 澤 穂希~皆の思いを胸に [日本代表]

 アメリカの先制点で、あまりのフィジカルの差に度肝を抜かれ、ワンバックの勝ち越しゴールに打ちひしがれた。
翌朝の新聞の「感動をありがとう」というマスコミの常套手段である幕引き見出しが目に浮かんだ。

そして、延長後半の澤の「オオワシの翼」による同点ゴールの後は、TV画面が涙で滲んで見えなくなった。

 まるで、ジェットコースターのような120分間の戦い。

あきらめるな、顔を上げろ、前を向け。
澤のプレーの一つ一つにメッセージが込められていた。
東日本大震災で傷ついた日本国民にどれだけ勇気、元気を与えてくれたか。


あの暑い夏の日から はや半年。
そして、2012年1月9日、ついに日本人がバロンドールを受賞するのを目の当たりにする幸運に出くわした。
W杯MVPおよび得点王のだ。

いや、前言訂正。「幸運」ではなく、「彼女が自分の夢を成就させた場面」が正しい。
彼女によれば、夢は願うものではなく、叶えるもの。
サッカーの神様が、人生のすべてをかけて夢をかなえようとする澤に微笑みかけたのだろう。

FIFA本部で行われた2011バロンドールに残ったのは、ブラジルのマルタ、アメリカのワンバックと常連に加えて、日本からなでしこの澤が最終候補に残った。
ご存じない方のために説明すると、この賞は日本のプロ野球オールスターやAKB48の総選挙と違い、自国のファンが投票するのではない。各国の代表監督と主将および世界のサッカー記者が、自国以外の選手に投票しして受賞者を決めるのである。従って、情実とか組織票の入りこむ余地はなく、相手からいかに恐れられ、いかにリスペクトされたかが判断基準になる、まことに公正かつ価値のある世界最高のサッカー選手にふさわしい賞だ。

男子でいえば、メッシ、Cロナウド、古くはクライフ、ベッケンバウアー等が受賞している。
女子とはいえ、自分が生きている間に日本人が受賞する日がくるなんて・・・・



改めて、Comgratulations!Sawaだ。

トロフィーの重みは、今まで日本女子サッカーに携わった人たちの苦労の大きさと言ったコメントも澤らしい。

いまやFOOT!の解説者となった、初代女子サッカー監督の鈴木良平さんは、どのような思いでこの言葉を聞いたのだろう。
佐々木監督の帝京高校時代のチームメートで女子代表監督経験者の宮内聡さんはどこで、この報に接したのだろう。
女子サッカー創世記から続く実践女子大のOBチーム、パフの大原智子キャプテン(弊ブログ参照)は、どんな気持ちなのだろう。そして、そのチーム監督の大住良之さんは・・・
さまざまな女子サッカー関係者の熱い思いがこの受賞の背景にある。

これからは、もう、女子サッカーの広告塔になるのはやめて、おそらくキャリア最後の大舞台となるであろうロンドン五輪に向かって、体調を合わせてほしい。

今度は、日本国民があなたに勇気を与える番だ。

私には見える気がする、Wembleyの表彰台で澤が金メダルを胸にかけている姿が。


バロンドール2012.jpg


判官贔屓~2012年元旦 天皇杯決勝 [Jリーグ]

試合開始前のメンバー発表を見れば
FC東京の圧勝と思われるほどの差があった。石川、羽生、徳永、今野、森重等の新旧日本代表、U-23代表がずらりと並ぶFC東京に対して、京都では、せいぜい工藤浩平とJの有名外国人ドトゥラくらいしか名前を聞かないメンバーが並ぶ。

だが、サッカーの試合はやってみなければわからない。
先制点は、何と京都。

すぐ東京もキャプテン今野のヘッドで追いつくのだが、一進一退の攻め合いが続く。
全盛期を思わせるような東京の石川のダイナミックな走りと異次元の速さ。今野のカバーリングと森重の強さを併せ持つCB、ルーカスの決定力と、これでよくJ2に降格したのかという戦い方だった。

一方、京都はタッチライン際を中心に、ボール保持者に2人が角度をつけて5m程度の三角形にサポートに寄って、やわらかいタッチでボールを回す。
そして、その三角形に加わらなかった第四の選手がオープンスペースにフリーランして、そこに三角形からパスがでて敵ゴールに向かうというやり方。
まるで、フットサルのような戦術だ。

どこかで見た戦術だと思ったら、J1にいたころの甲府の戦い方に似ていることに気付いた。
それもそのはず、現京都の監督の大木さんは、日本代表で岡田さんのコーチに就任する前は甲府の監督だった。当時、甲府と対戦したジェフ千葉のオシム監督がこの戦術を観て感嘆した話は有名だ。

それでも、試合結果は2-4の敗戦。
何がたりなかったのか?

おそらくは、国立の芝が深かったこと以外にも、緩急のないパスの連続で相手が慣れてきて足にひっかけやすくなったこと。
ぺナエリア内での突破力・決定力が役者不足も手伝って、今一歩だったこと。

4バックから3バックへ、最後は2バックにしてまで攻めたため、DFの背後に空いた大きなスペースに石川やルーカスが容易に飛び込めたこと。などだろう。


パススピードのアップと、相手ボールになった瞬間からの守備の徹底が図れれば・・・

もしかすると、単なる判官贔屓にならずに、このサッカーが現在世界最強のバルセロナに通じるものになるのかも知れない。
ましてや、大木さんとコンビを組むのは、ジェフでオシム等の名将を欧州からつれてきた祖母井GMだ。

ここ数年は京都から目が離せなくなるだろう。

いい初夢を見させてもらった。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。