So-net無料ブログ作成
検索選択
Jリーグ ブログトップ

まだ見ぬ夜明け〜絶望の90分 [Jリーグ]

「夢と希望の90分」というキャッチコピーがこの試合の全てを物語っていた。
2014年J1昇格プレーオフ決勝、山形千葉
90分プラス4分のロスタイム終了のホイッスルと同時に、緑のピッチには青と黄のユニフォームが同時に倒れこんだ。夢を成就したのは、”青”の山形。image.jpg
絶望に打ちのめされたのは、”黄”の千葉
image.jpg
見事なまでに明暗のコントラストを描きだした試合のスコアは、1ー0。
両チームともこの試合にかける意気込みは、球際の激しさからもスタンドに伝わってきた。
勝敗を分けたのは、ジェフの攻撃の稚拙さに尽きる。

マイボールでも、山形の早いプレスに、前方に蹴るばかり。チームの前身、古河電工の時代から縦へ急ぐ展開は相変わらずだが、蹴る先が相手選手ではどうにもならない。
たまに、ボール保持者に余裕があっても、中盤から無理にドリブルで仕掛けては奪われることの繰り返し。
時折みせるダイアゴナル.ランも、パスの出し手と受け手の2者間でしか行われないため、集散の早い山形の餌食になり、効果を発揮せず。
いわゆるオシム時代に築き上げた、高い位置でボールを奪ってから3〜4人の選手が一斉に飛び出して、複数のパスコースから短い手数でゴールに迫るという概念は完全に失われていた。
FWの森本は、北京オリンピックの頃から言われてきたように、1トップでは機能していなかった。後ろからのフィードが収まらないから、MFも押し上げられない。本人は専ら、裏への抜け出しを意識していたようだが、あいにくDF裏への効果的なボールをを配給できるDFやMFがいなかった。
これでは、オシム時代に1トップだった巻誠一郎の方が、はるかにポストプレーヤーとして優れていたと言わざるを得ない。
攻撃が活性化したのは、後半30分過ぎにケンペスを投入して2トップにしてからだった。何回か、敵ゴール前でセットプレーや絶好のシュートチャンスがあったが、気負いやタイミングのズレから、不発に終わっていた。

また、ボランチには古参の佐藤勇が入っていたが、気の利いた展開のパスやミドルシュートが全くと言っていいほど見られなかった。このポジションには、斜めに大きな展開するパスや引いた敵を崩す鋭いミドルシュートが求められるはずなのだが.
ボランチに代わって、フィードを前線に送ったのは、古参の出戻り組であるDFラインの山口智。しかし、そのフィードもいかんせん精度が低すぎた。

ロンドン五輪でUー23を4位に導いた関塚監督を持ってしても、この程度のチーム力しか授けられなかったのは不思議でたまらない。
試合後の千葉市長のコメントが辛辣だった。「こんなサッカーではJ1に昇格しても仕方ない」
残念ながら、その通りだと思う。

試合後のジェフサイドのコメントからは、敗因に精神面の弱さを挙げるものが複数聞かれたが、それは違うと思う。
組織として守り、攻める戦術で山形に比べて劣っていただけだ。
山形には、ジェフと違って代表経験者や海外リーグ経験者もいない。しかし、そのサッカーは、ハードワークを厭わずに集散を早く、球際を激しく、ボールを奪ってからはすぐに複数の選手がサポートに走る。そうした、ごくごく基本的なことの繰り返しを行っているにすぎない。image.jpg

今のジェフには、欧州チャンピオンズリーグやW杯用の戦術などいらない。求められるのは、J1に昇格するための戦術であり、選手の配置である。
ボールを奪った後に、オフザボールの動きを絡めて攻めをどのように組織的に構築するのか、それにフィットする選手をどうピッチに配置するのか、一から考え直して欲しい。
そうでなければ、この日の”絶望”は明日からの”夢の始まり”にはなり得ないだろう。
前回のジェフのJ2降格をブログに書いてから3年。
夜明けは、いまだ遠い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

退屈な元日~2014年天皇杯決勝 [Jリーグ]

攻撃力に定評のある横浜マリノス対カウンターの魔術 サンフレチェ広島と近年の天皇杯決勝には珍しい好カード。期待して、最後の国立決勝に望んだのだが、心に浮かんだのは「????」。
試合は2-0で横浜マリノスが勝ったし、流れの中からの1点目とCKからの2点目


と、斎藤・中澤と新旧日本代表コンビの得点、老いてますます盛んな俊輔と、見所はあったように思える。

 でもね、年末年始プレミアやCLを見てしまった私には、どうも物足りない。
まず、広島。リトリートして、高萩・寿人の速攻を狙うのはわかるとしても、一体、どこでボールを奪いたいのやら。相手は、平均年齢30歳のおじさん軍団。それが、俊輔を中心に足元から足元へゆるいパスを回しているのに、なぜプレスをかけない。
みているだけをプレスとはいわない。ドルトムントのゲーゲンプレスを見慣れてくると、Jのプレスはスローモーションに見える。彼の地では、もはやプレスは2人で挟んでなどのレベルにはない。少なくともボールサイドに4人が集まって、あらゆるコースを切って、タックルにゆく。しかも、味方がボールを失った瞬間にだ。

そして、マリノス。
80年代のサッカーのように、背番号10タイプの選手がボールを受け、ラストパスを出し、セットプレーも蹴る。俊輔の才能と努力は認めるが、その他の選手はなぜ、マイボールになってもフリーランニングしないの?
オシムは言った。「マイボールになったら、自分のマークを捨ててでも敵ゴールに向かって走り出せ」と。
3人、4人が一斉にフリーランしたら、どれだけ相手にとって驚異かとなるか。
遅攻でも、攻撃のテンポに緩急の差がないため、予測されやすかっただろう。

最後に、広島は寿人と高萩の2枚看板を交代してまで、ロングボールで攻めたが、マリノスのCB2人は崩せずにタイムアップ。

なんかなあ。Jのチームならば、もっとできるのではないの?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

判官贔屓~2012年元旦 天皇杯決勝 [Jリーグ]

試合開始前のメンバー発表を見れば
FC東京の圧勝と思われるほどの差があった。石川、羽生、徳永、今野、森重等の新旧日本代表、U-23代表がずらりと並ぶFC東京に対して、京都では、せいぜい工藤浩平とJの有名外国人ドトゥラくらいしか名前を聞かないメンバーが並ぶ。

だが、サッカーの試合はやってみなければわからない。
先制点は、何と京都。

すぐ東京もキャプテン今野のヘッドで追いつくのだが、一進一退の攻め合いが続く。
全盛期を思わせるような東京の石川のダイナミックな走りと異次元の速さ。今野のカバーリングと森重の強さを併せ持つCB、ルーカスの決定力と、これでよくJ2に降格したのかという戦い方だった。

一方、京都はタッチライン際を中心に、ボール保持者に2人が角度をつけて5m程度の三角形にサポートに寄って、やわらかいタッチでボールを回す。
そして、その三角形に加わらなかった第四の選手がオープンスペースにフリーランして、そこに三角形からパスがでて敵ゴールに向かうというやり方。
まるで、フットサルのような戦術だ。

どこかで見た戦術だと思ったら、J1にいたころの甲府の戦い方に似ていることに気付いた。
それもそのはず、現京都の監督の大木さんは、日本代表で岡田さんのコーチに就任する前は甲府の監督だった。当時、甲府と対戦したジェフ千葉のオシム監督がこの戦術を観て感嘆した話は有名だ。

それでも、試合結果は2-4の敗戦。
何がたりなかったのか?

おそらくは、国立の芝が深かったこと以外にも、緩急のないパスの連続で相手が慣れてきて足にひっかけやすくなったこと。
ぺナエリア内での突破力・決定力が役者不足も手伝って、今一歩だったこと。

4バックから3バックへ、最後は2バックにしてまで攻めたため、DFの背後に空いた大きなスペースに石川やルーカスが容易に飛び込めたこと。などだろう。


パススピードのアップと、相手ボールになった瞬間からの守備の徹底が図れれば・・・

もしかすると、単なる判官贔屓にならずに、このサッカーが現在世界最強のバルセロナに通じるものになるのかも知れない。
ましてや、大木さんとコンビを組むのは、ジェフでオシム等の名将を欧州からつれてきた祖母井GMだ。

ここ数年は京都から目が離せなくなるだろう。

いい初夢を見させてもらった。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジェフ千葉~遠い夜明け [Jリーグ]

 最後は、台風一過にも拘わらず降り出した細かい霧雨がジェフサポーターの涙雨に見えた1-2の敗戦。
勝ち点3の目論見がcome up with emptyになってしまった。
遠のく、3位福岡の背中。勝ち点差9。もう上位3強との直接対決は残されていない。

前回のブログで書いたように、昨年9月の新潟戦以来のフクアリ。
2010年10月31日、雨模様にも関わらず、13千人超の観客が集まった2位甲府との一戦。
自動昇格圏内の3位福岡との勝ち点差は「4」、そして、福岡は今節引き分けているから、ここで甲府から勝ち点3をとれば、まだ昇格のチャンスは残るという戦前の状況。
布陣は、GK岡本、4DFは右から青木(良)、福元、復帰した茶野、唯一の外国アレックス
2ボランチに山口とやはり復帰組の佐藤(勇)、攻撃的MFは谷澤、深井が両サイドに張り出し、14番倉田がトップ下、そして1トップは、青木(孝)。

前半は、右DF青木の不安定な守備を徹底的につかれて、パウリーニョに失点。
後半、サポーターの声援を受けて反撃に転じたジェフは、29番青木孝がスルーパスに抜けだしたところを倒されてPK.これをアレックスが慎重に決めて試合は振り出しに。
45分が終了しようかという直前、ジェフぺナ前での反則から、甲府マラニョンにブレ球FKを直接たたきこまれて終戦。
結果からみれば、両軍合わせて3点とも外国人選手があげたものだから、外人選手が1人しかいないジェフに分がなかったことになるが、実際には敗戦の根もっとは深そうだ。

前回観戦時から戦術が変わった点は、以前は、前半から高い位置でプレスをかけてボールを奪って、その瞬間に味方選手は自分のマークを捨てて前線に飛び出すというオシムの遺産が見えた。
動けなくなった後半に相手の逆襲を浴びて敗戦というのがお決まりのパターン。

今日の試合では、強引な前からのプレスはやめて、ハーフウエーラインあたりでボールを取りに行くスタイルへ。
しかし、ボール奪取後のちぐはぐさは、相変わらず。
ボールをとってからどうしようかの意図が、選手にも選手同士にもないから、とりあえず密集でもドリブルを、というような選択になってしまう。

それと、巻を放出したFWが深刻な人材不足。
この日先発の青木孝は、後半のPK獲得まで、姿を消していた。従って、MFからのボールも引き出せない。
ポストにもなれない状態。
そもそも、野洲高校から鳴り物入りで入団して、今年ようやく定位置を獲得したのだが、彼のサッカー人生で、今日のような動きを要求されたことはあったのだろうか?

不慣れなワントップのポストプレーを要求した首脳陣の選択の誤りともいえる。
岡田ジャパンでも、0トップの選択があったが、ジェフには・・・

もう一人の青木は、右サイドで攻撃に特化するでもなく、ポジションも中途半端で相手の狙い目になっていた。
これなら、坂本のほうがよいのではと思われたほど。このポジションも、前回同様に穴になったまま。

せっかく、谷澤と深井の両サイドは攻守に懸命に動いているのだから、そこを起点にして、サポートを厚くして、シンプルにつなぐサッカーをすればよいのになと思ったのは私だけか。
前半唯一の素早く大きい展開から深井が飛び込んで、得点の予感を感じさせた攻撃を続ければよいはず。

あと他力本願の6試合は残されているが、残念ながら、これではJ1に昇格してもすぐ降格だろう。
もう少し、腰を据えて新しい指揮官と的確な補強をしたほうが懸命と思った。

ジェフの夜明けは遠い・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京~多士済々でナビスコカップ再び戴冠 [Jリーグ]

11/3木枯らし一号の吹いた翌日、きれいに晴れ渡った空の下、FC東京が下馬評を覆してナビスコカップを2-0で獲得した。

戦前は、石川を欠き、長友も怪我上がりと主力数枚を欠いていたため、川崎フロンターレの攻撃力が勝るのではと言われていた。
しかし、ふたを開けると、FC東京の勢いは開始20分まで。中村憲剛が、右に左にDFの裏を取るようなパスを出して、FW3人が走る攻撃にFC東京はついてゆくのが精一杯の展開。川崎のシュートが枠を捕らえてさえいれば、先制点、2点目も可能であったが、シュートミスで逸機の連続。結局、これが勝負の分かれ目になった。
堅守速攻に徹したFC東京は、数人でボールを囲み奪取すると、すばやくオープンスペースに展開する。この徹底で、川崎の足が叙々にとまり、3FWはスペースを消され、最大の武器である憲剛のパスを引き出す動きができない。
憲剛が消える時間帯が増すにつけ、FC東京の速攻の回数が増えてゆく。


ボールポゼッションで後手に回ったFC東京は、前半18分、今大会23歳以下のニューヒーロー賞に選出された米本が、25mの距離から見事な無回転シュート。GK川島は手に触れるも、枠から弾き出せずゴール!

後半は、前がかりになった川崎のパスを奪って鈴木達也と平山の二人で速攻、最後は平山のヘッドでとどめの2点目。

ロスタイム4分もしのぎきって歓喜のタイムアップ。原博美監督当時以来の2度目のカップ獲得となった。

それにしても、FC東京に新鮮な戦力が目立った1戦だった。
正直、今日まで米本や鈴木達也という名前には聞き覚えがなかった。が、米本の無回転シュートで度肝も抜かれ、石川と見間違えるような長髪、自由奔放な動きで敵をかく乱した鈴木達也には強烈な印象を覚えた。
Jでは、達也といえば田中達也が有名だが、今日もう一人の「達也」が檜舞台に踊り出た。

こういう無名の選手が大舞台で自分をアピールできるチームは強い。
もちろん、忘れてはならないのが、チームで連動したプレスのかけ方とボール奪取後の攻撃への切り替えの早さ、規律を監督がチームに植えつけたことだ。それに、戦術。川崎の武器は憲剛以外に、右MF森の突破力が有名だ。東京は、本来右DFの徳永を左に回して、川崎のよさを消しにかかった。結果は、これが奏功。後半、森は左に回ったが、切れ味は戻らずじまい。監督の手腕の勝利といえよう。

残念ながら、川崎の攻守はまだ個人に頼っている部分が多い。その個人が抑えられると攻め手を失う特徴が今日も出てしまった。

FC東京は前回も、原監督が若手をうまく使って、リーガ・エスパニョーラの攻撃を体現しての優勝だった。
このチームは、大舞台での勝ち方をよく知っている。
まさに、優勝に値するチームであった。

おめでとう!FC東京

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジェフ千葉の憂鬱~勝利のメンタリティはいずこへ? [Jリーグ]

「これでは降格かな?」というのが試合終了直後の正直な感想である。
0-1新潟アルビレックス。9月12日(土)ホームのフクアリでの試合結果。
昨年の最終戦、奇跡を超える運命的なものさえ感じさせた大逆転の残留劇
など望むべくもない。
これで江尻新監督就任後7試合勝ちなし。

敗因は複雑すぎて簡記できないが、とにかく点が取れない。取れる気がしない。
J18チーム中で下から2番目に少ない得点数というのもよくわかる。
中盤でプレスをかけて相手ボールを奪取するのだが、攻撃に転じるところで、焦ってミスパスや不要なドリブルでチャンスを無駄にすること多数。実にちぐはぐな攻めだ。パスも相対する二者間のみで第三の動きがないから、相手は守りやすい。

すべてのプレーを全速で行わなければならないとでも指示されているのだろうか?従って、精度が落ちるために、まるで、ためがないプレーの連続となる。
全体として戦術はわからなくはない。ボールをとって、サイドMFの深井と谷澤を走らせて、クロスをゴール前にだ。
だが、せっかくサイドまでボールを運んでも、最後のクロスが味方に渡らない。ペナルティエリアには3人から4人も待っているのにである。クロスの質が悪いのも原因のひとつだが、ぺナ内の待っている選手に動きがないから、DFは楽にマークできてしまう。誰かがニアに走って、もうひとりがファーとかの動きの工夫がない。
戦術の不徹底が原因。

頼みの新外国人ネット・バイアーノは一人よがりなプレーでゴールの予感を感じさせない。あえなく、後半途中で交代。組織で得点をとらなければ、個の打開力に頼る手もあるが、これも期待できない。


以上、オシムのときにナビスコカップを獲り、Jリーグでも優勝争いをしたのが同じチームとは思えないくらいの低調ぶりだ。それに、試合中も試合終了後も、選手の顔が暗い。悲壮感が漂っている。監督から、「走れ!精神面でまけるな!」と叱咤激励されているせいだろう。
かつて、オシム父が説いていた「勝利のメンタリティ」のかけらも感じない。


ジェフがここまで落ちた理由は、ずばりフロントの無能さゆえだろう。
山岸、羽生など代表経験者を切り、潤った収益で雇ったのは、1-0の勝ちを好む現実主義者ミラー監督とチームの目指す欧州風のサッカーにそぐわないブラジル人選手。しかも、バイアーノが加入したのは9月から。シーズン開幕当初に有力外国人選手を補強しないのは、欧州のシーズン開幕まで待って補強の意図があるのかと思いきや、全くの予想はずれ。

ミラーの突然の解任後の後任はチームOBの江尻氏。もし、新監督に残留のすべてを期待するのならば、この選択肢はありえなかったはず。なぜなら、J1降格の危機にあるチームを初任の日本人監督が救ったのは過去に例がないからだ。
このあたり、GMの祖母井さんがチームを去った後は、目を覆うばかりの無能・方向音痴ぶりを露呈している。

病に倒れた後オシム(父)は、もはや監督の重責には耐えれらない。だが、他に有能な監督や選手を紹介してもらうことは可能だったはず。(実は、日本代表を強化するサッカー協会にこそ やってほしかったのだが・・・)
なぜ、世界に15人しかいないFIFAテクニカルディレクターに頭を下げて、若手育成に定評のある監督あるいは、短期間で残留を保証してくれるような監督や選手を紹介してもらわなかったのか?
ジェフが連れてくる東欧出身の監督は、選手の質が高くなくても自前で育てて代表へ選手を輩出してきた。


密かに危惧していることは、もし、J2に降格すれば、親会社の古河電工もチームから手を引くかもしれないということだ。
同社は連続した赤字決算により、もうひとつの社内スポーツであったアイスホッケーからは数年前に撤退している。今度はサッカーの番だとしてもなんら不思議ではない。読売や日産にも同様な動きがある。

J開幕当初の、秋津から五井にスタジアムを変えざるを得なかった経緯、五井から蘇我に本拠地を移転させた経緯も知っているだけに歯がゆくて仕方がない。
このまま終わるのなら、川渕三郎や岡田代表監督、奥寺らを輩出した名門ジェフの名が泣く。

ジェフは、勝利のメンタリティを取り戻せるのか?
サポーターによるWin by ALLの絶叫は、ジェフを救うのだろうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
Jリーグ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。