So-net無料ブログ作成
検索選択
日本代表 ブログトップ
- | 次の10件

Zac! Magic!Terrific!~2010アジアカップ決勝 [日本代表]

 今大会The most beatiful goalになるであろう李の左足ボレーがオーストラリアゴールに吸い込まれ、日本代表の4回目の優勝が決まったアジアカップ。

 それにしても、ザッケローニ監督の采配と人心掌握術の見事なこと。

後半半ばまで、敵のロングボールとケーヒル、キーウエル2人の突破力に押し込まれた日本。
選手の足も止まりだしていた。
こうした段階での選手交代は、従来の監督も解説者も、「前のほうの選手を入れ替えてチェーシングをさせて」が定石。
だが、Zacのとった戦法は、DFのセンターに岩政を投入し、吉田と二人を組ませるというもの。
そして、左SBの長友をひとつ前のウイングバックにあげた。
結果、守備では制空権を奪回、攻撃では長友のスプリント力に、へろへろの豪州DFは付いてゆけず、李の決勝点を呼び込んだ。

李は、1戦目も後半に前田の代わりに起用されたが、緊張感からか、本来の仕事が全くできていなかった。
以前の監督たちなら、ここで彼のアジアカップは終わっていただろう。
だが、Zacは違った。
再度、チャンスを与えた。

試合終了のホイッスルとともに、李が真っ先にZacに飛びつき、次々とほかの選手も。
1回目の起用で期待にこたえられなくても、控えでも、信用というきずなで監督と選手が結ばれていたことを示すシーンだ。

サッカーの神様は、意外と身近にいるものだとわかった。
お見事、ザック!
Zac is magic.

見えてきた3戦全敗、得点0~南アW杯 日本代表 [日本代表]

私の好きな言葉に「勝負はやってみなければわからない」がある。試合前の評判だけで勝敗が決するなら、実際の試合など不要との精神だ。
だが。2010年南アW杯に出場する日本代表にだけは、例外を認める。
南アに行くだけ無駄だと。
なぜならば、誤って指揮官を選び、誤った強化試合を組み、日本サッカー協会が無責任体質にあること。
この話題は書けば書くほど怒りがふつふつ湧き出てきてしまうので、主だったものだけ列挙する。
もし、私が間違っていると思う方は是非反論していただきたい。

1.監督評価の責任は誰にある?
 小野・原と続いた強化委員長は、代表のバックアップのみ担当。では、監督の評価は誰が決める?

2.協会の責任者は無罪?
 2006年ドイツ大会では、ジーコを選んだ川淵は「オシム、あ、いっちゃった」で無罪。強化委員長は専務にご昇進。誰が1次リーグ敗退の責任をとった?

3.欧州とのパイプは?
 毎度、どこかの国の選挙と一緒で、有名人ならOK?
 オシム父のいた頃のジェフには、祖母外GMがいて東欧を初めとしたコネクションを駆使して有能な監督を連れてきていた。Jのチームにできるのに、代表にはそれがない。

 4.日本のサッカーって、どういった方向を目指しているのか?
 フィジカルの劣る日本は、敵との接触をさけて云々で出来上がったサッカーは、横と後ろにしかパスをつながな いサッカー。パスの目的がパス。で、中盤やる選手が一番うまい。いや、違う。魚でも肉でもない選手が大量  に発生しているだけ。

5.くだらない強化試合が続くのはなぜ?
 毎度毎度、日本に呼ぶ各国代表は2軍ばかり。
 日本代表が欧州に遠征できないのは、国内で一定の試合開催を義務付けたスポンサー契約があるから。
 代表の試合で、民放アナウンサーが日本代表を持ち上げるのはスポンサーのため。
 こうした傾向は、大手広告代理店が後ろで糸を引いているから。


《抜本的解決策》
 ・日本サッカー協会は、財団を解散して株式会社化するべし。株主の1/3サポーターが保有して、4年に一度強化担当部署の評価を投票で決める。
 ・大手広告代理店との契約を解除し、スポンサー契約の見直しする。代表の強化とは国内での試合に限定しない。視聴率や観客数は代表の強化とは切り離す。
 ・欧州での指導者になるライセンス取得を奨励する。
にほんブログ村 サッカーブログ

ごめんなさい、岡田監督


- | 次の10件 日本代表 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。